女性にとって汗は大敵です

脇

人間は運動をしたり気候が暑いと汗をかきます。しかし、運動をしたわけでも気候が暑いわけでもないのに多量の汗をかく場合を多汗症といいます。ハッキリとした原因は不明ですが、いくつかの要因が考えられます。1つの要因は精神的ストレスです。緊張したり、恐怖を感じたりすると人間は汗をかきます。それと同じことで、ストレスや緊張や不安を感じると交感神経が敏感になり、汗腺の働きを活発にするのです。もう1つの要因としては、他に疾患がある場合です。代謝機能や内分泌の異常、循環器や中枢神経に疾患があると多汗症になりやすいのです。ですからストレスや不安がないのに多汗症になる人は注意が必要です。一度病院で検査をする方が安心です。またホルモンバランスが崩れると多汗症になるともいわれています。ホルモンバランスが崩れると交感神経のバランスも崩れるため、それが多汗症を引き起こすのです。精神的ストレスや不安などにも関わることですが、生活習慣が乱れると多汗症になるといわれています。例えば辛いものを食べると汗をかきますが、このことから食生活も影響していると考えられます。また肥満の人も汗をかきやすいです。生活習慣の乱れが肥満につながっていることを考えると、やはり規則正しい生活を心がける必要があります。

生活週間を改善しても、症状の緩和が見られない場合は、美容外科への通院が最適です。美容外科では、多汗症の治療を取り扱っています。美容外科で扱っている多汗症の治療方法はいくつかあります。外用薬を患部に塗る薬物治療と注射で投薬を行なう薬物治療が一般的です。どちらの場合も、継続して治療を行なう必要があります。また、重症の場合には、手術も行われます。手術によっては神経を切ることもあります。美容外科の医師の多くは、多汗症に関する知識も豊富で、患者の症状に合わせて治療方法や手術方法を選択していきます。多汗症で悩んでいる人は、美容外科での治療を受けてみてはいかがでしょうか。現在は、多汗症治療に特化した美容外科も数多くあるので、男女問わずに来院することが可能です。インターネット上では、各美容外科の情報を入手することが可能です。公式ホームページでは治療内容や費用を確認することが出来ます。また、多くの美容外科では、来院前の患者の質問を受け付けることが出来る窓口をホームページ内で設けています。スタッフが丁寧にメール対応してくれるので、不安に感じることは質問してみましょう。また、電話窓口でも質問を受け付けている美容外科もあるので電話窓口を利用してみることもよいでしょう。