不快なたくさんの汗に

脇

必要以上に汗をかいてしまう多汗症という症状があります。汗以外にも体調の変化や違和感があるときは病気が原因であることもありますが、ほとんどはこれといった大きな原因はなく、健康体であるにも関わらず多汗症になってしまうこともあります。体調に変化がある場合はすぐに病院へ行き、適切な治療を受けることで完治することが可能ですが、原因不明の場合は原因が分からないために、対処方法に悩んでしまうこともあります。そういった多汗症は神経症が関係しているケースも多く、とくに心配性だったり負けず嫌いだったりといった性格的な特徴がみられる人に多く発症しているようです。またストレスなども原因となりますし、生活リズムの乱れなども発症リスクを背負っています。そんな多汗症への対処方法としては、医療機関では治療方法として、おもに外用薬治療や水道水イオントフォレーシス、ボツリヌス菌注射や交感神経遮断治療、精神療法などがあります。もっともこれらの治療法を試したとしても、必ずしも改善するわけではなく、効果が一時的、あるいは個人差などもあります。またそれぞれメリットやデメリットもありますし、とくに神経性のものが原因となっているケースでは、手術や薬物療法などでは再発の可能性もありますので注意しましょう。

病気などが原因の場合は医療機関を受診するのが基本ですが、そうでない場合は自力でのセルフケアを実行するという方法もあります。セルフケアの場合は改善だけでなく予防効果も期待できるものもありますし、医療機関を受診するよりは費用などもかからずに済むというメリットがあります。ですがいろんな方法を実行したにも関わらず、症状が改善されない場合には、最終手段として医療機関を受診して、医師の判断を仰ぐようにすると良いでしょう。いまは整形外科でも多汗症に関する治療を受けることが出来るようになっています。多く行なわれている治療方法として、ボツリヌスやトキシンと呼ばれるものを気になる部分に注射するという方法です。注射することによって、多汗症の原因となっている交感神経の働きを弱めることが可能になります。ただこの治療の場合は、症状が軽度の人や、短期間だけ汗を抑えたいという人に適しているものなので、根本的に治療をしたいというのであれば、超音波を使って汗が出る汗腺を破壊するという方法がいいでしょう。いまは注射とこの超音波治療の両方で多汗症にアプローチするという方法も出てきているので、汗が必要以上に出て日常生活に支障をきたしているのであれば、早めに整形外科に行って治療を受けましょう。