多量の汗が出る病気

脇

過度な運動をしたわけでもなく、暑いというわけでもないのに汗が大量に出続ける症状を「多汗症」と言います。発症の原因は現在明確にはされていません。可能性が高い原因として、精神的ストレスがあげられます。多汗症の症状として、失敗が許されない状況に立たされた場合や、人前で過度に緊張した場合などに多量の汗が出てきます。しかし緊張や不安がなくリラックス状態の時にも、多量の汗が出るケースもあります。多汗症とは緊張や不安を覚えた時のみ、汗がふきだすものだと考えられていましたが、正確には緊張した際に「交感神経」が過敏に反応するのが汗が多量に出る原因だとされています。ストレスや緊張・不安などから恐怖を覚えて発汗することから「発汗恐怖症」とも呼ばれています。精神的な恐怖を覚えると人間は交感神経が敏感になり、汗腺を刺激してしまい汗を出す機能が過剰に働いてしまうのです。これらの理由から交感神経が元々過敏な人ほど多汗症の発症リスクが高いとされています。もちろんストレスを感じやすい、緊張しやすい人が必ずしも多汗症になるというわけではありません。そして突き詰めると、精神的な恐怖が何故交感神経を敏感にさせてしまうのかは現在不明とされています。

多汗症の原因として他の疾患による影響も考えられます。内分泌の異常や中枢神経の病気、代謝の異常により多汗症になることもあります。その主な疾患は糖尿病・バセドー病・結核・急性リウマチなどです。これらの疾患が原因で多汗症となった場合、脇や額のみといった局所性の多汗症になることは殆どありません。ほぼ確実に全身から汗が多量に出るようになります。次に多汗症の原因としてホルモンバランスの異常・乱れもあげられます。ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れやすくなる為、多汗症が発症しやすくなります。特に女性においては生理・妊娠・出産・更年期とホルモンバランスが乱れる機会が多くある為、多汗症になりやすいと言えます。最後に多汗症の原因として生活習慣の乱れもあげられます。食生活においては日頃より辛いものや熱いものばかり過剰に食べて汗をかいている人は、多汗症になりやすいのです。さらに肥満が進行するのに比例して多汗症の発症リスクも高まります。そして煙草やコーヒーに多く含まれるニコチン・カフェインは交感神経を刺激やすく、これらを過剰に摂取してしまうと発汗作用を促進してしまいます。発症の予防として、辛い・熱い食べ物コーヒーは過剰に摂取しないよう心がけ、肥満の予防も大切です。煙草はなるべく控え、可能であれば禁煙が望ましいでしょう。