大量の汗と臭いに効果的

女性

手や額、ワキの下に大量の汗をかく場合には多汗症の症状であるケースが考えられており、多汗症の場合には同時にワキガに悩むといったケースも増えています。多汗症は男性のみならず、ストレスを抱え込みやすい女性の方にも多く、汗ばむ季節には大判サイズのタオルが濡れるほどの汗の量で憂鬱になるケースもあり、深刻な悩みとされています。汗の悩みは他人との比較や相談ができないことから、医療・美容専門のクリニックで相談し、最適な治療を進める必要が挙げられています。特にワキガ治療が人気を集めており、多汗症の要因となるストレスをカウンセラーが緩和してくれ、汗が吹き出してくるエクリン汗腺の働きを抑制させる治療が支持されています。多汗症の原因は主に精神的な面が大きいものの、汗を気にする部位には男女共にワキを挙げており、シャツに汗染みができる悩みを解消するためにもワキガ治療となる汗腺の抑制が支持を得ています。汗をかくことにより臭いも発生するため、多汗症は軽い症状としてではなく、重い症状として治療を進める必要があり、薬物療法・ボトックス療法・手術療法など、1人1人の症状や悩みの度合いで再発防止に努めてくれるのも人気の理由に挙げられています。

汗をかきやすいだけでは、自分自身が多汗症であるのか否か判断するには難しいもので、チェックシートによる判断で医療機関の受診に繋げることができます。例えば、多汗症の場合には日々ストレスが溜まる生活であることが要因とされている中、遺伝での症状である場合も考えられており、家族に多汗体質の方がいる場合には注意が必要となります。また多汗症の場合には、衣類に黄色い染みがつきやすく、周りに臭いを指摘されるケースも挙げられています。その他、野菜よりも肉類を好み、飲酒する方に多く見られる症状でもあります。治療においても、ワキガ治療となる汗腺を除去する大がかりな手術法だけではなく、キズを作りたくない女性にとっては一定期間の抑制効果を生み出すボトックス注射が提案されているため、十分なケアに繋げることも近年の医療と美容業界では可能になっています。美意識の高い女性に対し、安全性の高いボトックス治療が進んでおり、汗腺を支配する神経に働きかけることで大量に吹き出る汗の量をコントロールできます。また治療時間も注射針による注入法となるために5分程度と早く、手術抜きでの改善や解消テクニックとして利用できる治療内容と言えます。

異常に汗の量が多い病気

女性

汗の量が通常より多くなる多汗症の治療方法には塗り薬とボツリヌス注射があります。健康保険がきくこともあるため、多くの人が始めやすくなっています。自身の症状に合わせて治療を行ってくれル優秀な美容外科を探して利用しましょう。

詳細を確認する...

多量の汗が出る病気

脇

多汗症とは交感神経が何らかの理由により過敏に働くことにより発症する病気です。その原因は精神的な要因、他の疾患、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなどと考えられています。可能な予防法として生活習慣の見直しが大切です。辛い・熱い食事やコーヒー・煙草はなるべく控えましょう。そして肥満の予防も重要です。

詳細を確認する...